地域ニュースブロック紙

地域ニュースブロック紙、地域ニュースのブロック紙など、話題のニュースやおもしろいニュース記事を紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

関西空港、歩道橋橋脚6本傾く、不同沈下

関空歩道橋橋脚6本傾く、来月から対策工事

 大阪・泉州沖の関西空港島で、
JR・南海関西空港駅と商業施設「エアロプラザ」をつなぐ

大型歩道橋「コンコースブリッジ」3橋の鋼製橋脚6本が
すべて傾斜角1・5度程度、傾いていることがわかった。

 島が場所によって不均一に沈む「不同沈下」の影響。
震度6強程度以上の地震が起きた場合、

損壊の危険性があり、
関西空港会社は来月から対策工事を始める。

 コンコースブリッジは各延長49・2メートルで、
中央の橋は幅10・4メートル、重さ498トン、

その南北の橋が幅4・7メートル、重さ277トン。

1日で約2000~3000人の旅客らが利用し、
いずれも「中柱」と呼ばれる長さ5・65メートル、

直径60~70センチの橋脚2本で支えている。
(読売新聞) - 8月28日


関西空港は、もともと海の上(大阪湾)に
作られており埋立地なので、

島が不均一に沈む不同沈下が
起こるようです。

建造物が少しずれただけでも、
他の建物にかなりの負荷がかかりそうです。


以上、地域ニュースブロック紙でした。
  1. 2006/08/28(月) 22:07:24|
  2. 大阪府
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。