地域ニュースブロック紙

地域ニュースブロック紙、地域ニュースのブロック紙など、話題のニュースやおもしろいニュース記事を紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地域ブランド商標登録特許庁

地域ブランド 商標登録第1弾で52件認定 特許

 特許庁は27日、地域名と商品(サービス)名を組み合わせた
「地域団体商標」として

「小田原かまぼこ」「下呂温泉」「和歌山ラーメン」「三州瓦」など
52件の登録を認めると発表した。

今年4月に始まった団体に地域ブランド商標登録
認める制度の第1弾。

 これまでに農協漁協生産者組合などが
出願した地域団体商標は605件。

従来は全国的な知名度がなければ登録はまず無理だったが、
新制度では出願団体がそのブランドを

地元や隣接都道府県に広めたことが確認できれば、
登録が認められるようになった。

 52件は1カ月以内に登録料を納めれば商標権が確定し、
出願団体が商標を独占使用できる。

ただ、出願前から使っていた業者は使い続けることができる。

 問題は、地域内で出願を一本化できず、同様の商標を
別々の団体が申請するケースがあること。

愛知県では「八丁味噌(みそ)」と「愛知八丁味噌」が
別途出願され審査中。

今回認められた「京人形」も2団体から出願があり、
どちらがブランドを広めたかを調べて一方に登録を認めた。

 特許庁は出願から6、7カ月程度でいったん登録を認めるか
結論を出すが、その後、補足資料を出せば認められるケースもあり、

同庁は「最終的には出願の半分程度は登録されるのでは」
と予想している。

《主な地域団体商標》
十勝川西長いも  北海道
たっこにんにく  青森県
江戸甘味噌    東京都
小田原かまぼこ 神奈川県
金沢仏壇     石川県
下呂温泉     岐阜県
間人(たいざ)ガニ 京都府
鴨川納涼床    京都府
紀州備長炭   和歌山県
福山琴      広島県
球磨焼酎     熊本県
関さば      大分県
石垣の塩     沖縄県
(毎日新聞) - 10月27日



地域ブランドで、偽ブランドが無くなり
活性化すればよいですが

二つ以上の地域に発祥起源を持っていたり
それぞれの土地に根付いている生産物にとって

弊害とならないようにしないと
いけませんね。
  1. 2006/10/28(土) 21:03:14|
  2. 食品、食事、健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無害たばこ

たばこ業界、無害たばこ開発進む

 たばこの有害性に対する意識世界的に広がるなか、タバコ
メーカーが有害物資の削減無害たばこの研究開発を進めている。

 英公共放送BBC(電子版)によると、世界2位の英
ブリティッシュ・アメリカン・タバコが、ケンブリッジと

サウスハンプトンにある拠点で150人の科学者を投入し
たばこの有害物質を取り除く研究を行っている。

 BBCによると、同社のデビット・オライリー事業部長は

「たばこの煙には約100種の毒物を含め3000~4000種類の
物質があり、この中から毒物の数を減らすことが目標」と話す。

 大手各社は数百万ドルを投じ、まったく人体に悪影響を与えない
無害たばこ”の開発も進めている。

実現すれば、世界で広がっている禁煙政策が解禁される可能性もある
が、当面は、現状のたばこ製品の中から有害物質を極力除去することで
市場のニーズに応える。

 一方、AP通信によると、米大手RJレイノルズは、
未成年者の喫煙を防ぐため、キャンデーやフルーツ、デザート、

アルコール飲料などの言葉が商品名に使われている風味付きたばこの
販売を中止する。

 2005年に実施した米調査によると、1カ月の調査で風味付き
たばこを喫煙した人は、25歳以上で6%に過ぎなかったのに対し、

17~19歳の喫煙者では20%に達しているという。

 風味付きたばこは若者の喫煙を誘発させる原因として
社会問題になっており、同社も問題改善に向けて
企業責任を果たすことにした。(フジサンケイ ビジネスアイ) - 10月17日



路上喫煙禁止や、
喫煙者と禁煙者の分煙が注目を集める中、

無害タバコで副流煙や
肺ガンが無くなればいいですね。
  1. 2006/10/17(火) 10:15:44|
  2. 食品、食事、健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀座線は殺人電車 危険度高い茶石綿除去「乗客に知らせる必要ない」

銀座線は“殺人電車” 危険度高い茶石綿除去も「乗客に知らせる必要ない」

アスベスト除去作業車が脱輪、先月下旬」という記事を読み、
東京地下鉄が乗客に知らせず、

除去工事を半年もかけてダラダラやっている事実を知った。
同社によれば、リスクが高い茶アスベストがトン ネル内に

150メートルも吹き付けられており、
既に1ヶ月以上前から工事を行っているが、

「乗客には知らせなくてよい」「表示はこれから」などと、
法律を 守る意識が全くない。

工事開始日も嘘だった。

この調子だと、工事もいい加減である可能性が高く、乗客は殺されかねない。
銀座線には絶対に乗ってはいけない。

【Digest】
◇乗客をモルモット代わりに
◇乗客には「知らせなくていい」
◇心配を取り除くのが法の趣旨
◇2つの駅だけでやる
◇表示をやるということは分かっていたと思う
◇いい加減な行政で、また問題先送り
◇「表示しないのは論外」
◇「リリースとサイト告知で十分」と乗客無視の広報
◇「生活者犠牲」の日本の政治構造あらわす
◇由らしむべし、知らしむべからず

アスベスト石綿)は、昨夏、明らかとなったクボタによる
公害殺人事件”で広く知られたように、
健康な人を死に至らしめる危険物質だ。

タバコの煙とは異 なり、「閾値」がない。
つまり、ここまでなら安全、少量なら健康回復できる、

という類のものではなく、どんなに少量であっても、吸い込むと、
一定の確率 で、30~40年後に、肺がんや悪性中被腫を
引き起こすことが、分かっている。

 もっとも普及している白石綿(クリソタイル)よりも、
さらに危険性が高いのが茶石綿(アモサイト)、
石綿(クロシドライト)で、後者2つは、
禁止時期も95年と日本のなかでは早い。
白が原則禁止となったのは2004年10月、つい2年前の話だ。

◇乗客をモルモット代わりに

 石綿除去作業は、大気汚染防止法によって、
工事内容の掲示が義務付けられている。

東京地下鉄が乗客に知らせないのは、
要するに、乗客が減って減収となるのを恐れているからだ。
客観的に見て、ほかの理由はない。

 しかし、その人命無視、企業利益優先の姿勢は、
明らかに間違っている。
お客様相談センター(03-3941-2004)に尋ねた。

 対応した工藤氏によれば、東京メトロ銀座線の神田~末広町間の
トンネルに150メートルも吹き付けられていたのは、

アスベストで、含有率も 85~89%と高く、
もっとも危険なパターンである。
これも発表時には完全に隠していた。

--8月28日より行う、ってリリースには書いてありますが、
直前に脱輪事故があったそうですね。
スケジュール変更しなくていいのですか。

 「作業は、9月4日から始めたということです」

--発表したものは、結果的に嘘だった、と。

 「だいたいの期間を発表しただけです、
実際の作業は少し遅れたようです」

- -はっきり日にちが書いてある以上、
変更があるならお知らせすべきでしょう。そうでないと信用を失う。

そもそも、来年2月まで、半年もかけるのはなぜですか。
乗客の立場からは、短期集中で問題箇所だけ閉鎖して
やってくれるのが一番、安全です。
ダラダラ6ヶ月間も乗客をリスクにさらすのは、間違っている。

 「運行に支障が出ないよう、夜のうちに工事をする、
ということになっています。テストを行い、
安全性は確認しておりまして、定期的に、測定もしています」

- -問題箇所を遮断して工事をするのが一番安全な訳ですが、
その間、乗客を振り替え輸送すると余計な支出になってしまうので、
企業利益を優先させたとしか思えません。

そもそも、10億円もかけて開発した除去専用車両を、
今回、初めて使う訳で、実績もない。

乗客はモルモット替わり、ということですよね?
去年、 問題になったばかりですから、除去技術自体、
まだ確立されていませんし。

 「われわれとしては、安全だと思っています。
環境測定をやって確認もしますから」

--誰が測定するのですか?

 「東京メトロの職員と、業者です」

--それなら、もし異常値が発見されても、隠しますよね。
人が行う以上、失敗は防げませんが、除去が失敗したと知られたら、
何十万人がそこを通っている訳だから、大騒ぎになる。
当然、あなたたちは隠し通すはずです。
行政などの第3者でないなら、測定など意味がありません。2006年10月14日15時43分 MyNewsJapan



銀座線に乗る方は避けた方がいいです。
端の駅まで、石綿を電車が運んでしまう可能性や

人についた石綿が運ばれて、地下鉄
違う路線に飛散する可能性もあります。

つい最近までクボタ訴訟事件など
アスベストは、肺がんを多くの方に発症させ

肺ガンのリスクが高いことで、
大問題になっていました。

極少量でも肺がんの病気に
なってしまうそうです。
  1. 2006/10/14(土) 19:42:34|
  2. 食品、食事、健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザクロ、前立腺ガン抑制成分

ザクロに前立腺がん抑制成分名古屋市立大が研究発表

 果物のザクロに、前立腺がんの細胞を死滅させる成分が含まれていることが、名古屋市立大の朝元誠人・助教授らの研究で分かった。

 横浜市で開催中の日本ガン学会で28日発表した。

 朝元助教授らは、人間の初期の前立腺がん細胞を培養し、濃度5%のザクロ果汁の溶液に入れて影響を調べた。

すると、わずか30分で激しい反応を起こし、がん細胞が死滅した。
前立腺がんにこれほど強く作用する天然物質は例がないという。

他のがん細胞には効果がなかった。

 また、前立腺がんのラットに、5%濃度のザクロジュースを飲ませたところ、がん縮小効果がみられた。

ザクロの何の成分が効いているかは不明。
(読売新聞) - 9月28日



ザクロの成分が前立腺ガンに効くそうです。
少しずつでもガンなどの病気がなくなるといいですね。
  1. 2006/09/28(木) 23:11:16|
  2. 食品、食事、健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピロリ菌胃ガン

ピロリ菌:感染で胃がんのリスク5~10倍に

 細菌の一種の「ヘリコバクター・ピロリ」に感染すると
胃がんになる率が5~10倍高まることが、

厚生労働省研究班(担当研究者=笹月静・国立がんセンター
がん予防・検診研究センター室長)の大規模追跡調査で分かった。

しかし、除菌しても胃がんを防げるかどうかは不明といい、
研究班は「予防には、禁煙や食事の減塩
胃がん検診の受診を勧める」としている。


 研究班は1990年と93年に、
全国の40~69歳の男女計約3万7000人を採血。

ピロリ菌への感染の有無や、体内の菌の毒素の有無を調べた。
04年までに計512人が胃ガンになった。

 採血時にピロリ菌感染が確認された人は、確認
されなかった人に比べ、5.1倍の率で胃がんになっていた。

 さらに、採血時に感染はなかったが、
過去の感染の影響とみられる菌の毒素が確認された人も含めると、

感染か毒素があった人はどちらもなかった人の
10.2倍の率で胃がんになっていた。

 菌の影響で胃粘膜が炎症を起こして萎縮(いしゅく)し、
がんになりやすくなるらしい。

ただ、感染歴がある人は調査対象の約94%と推計され、
胃がんになるのはその一部という。
毎日新聞 2006年9月4日 20


胃の中のピロリ菌が、
胃ガンの原因の一つとなっているようです。

暴飲暴食も避けた方が
良さそうですね。

健康、そして元気に暮らして
いきたいものです。


以上、地域ニュースブロック紙でした。
  1. 2006/09/05(火) 07:59:52|
  2. 食品、食事、健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミネラルウォーター有害物質

六甲のおいしい、volvic、evianは硝酸性窒素入り 幼児注意

セブン-イレブンで販売していたミネラルウォーター6本+ボトルドウォーター1本
セブン‐イレブンで売られていた7銘柄の水質調査したところ、

六甲のおいしい」「Volvic」「evian」から、
硝酸性窒素が2mg/L検出された。

ブルーベイビーや発ガン誘発のリスクがあり、
道法で10mg/L以下とする水質基準が設けられている物質だ。

基準内とはいえ、お金 を出してまで、
これらを買って飲むのは避けたほうが無難で、

特に乳幼児がいる家庭には持ち込まないほうがよい。

では、オススメはどれか。

ミネラルウォーター類をチェック

 「日本ミネラルウォーター協会」 調べでは、
2005年の日本の国民1人あたりのミネラルウォーター年間

消費量は14.4リットル(輸入分含む)。
10年で約3倍に増えた。

各国・各地の名 、自然のイメージを売りにしている水や、
健康飲料的な売り方をしている水が、

店頭にいろいろ並ぶ。
安心して飲める水はどれだろうか。

 
  今回、この簡易検査の対象としたのは、8検体。

セブンーイレブンで購入したミネラルウォーター
六甲のおいしい水」「Volvic」
「からだにうるおう アルカリ天然水」「CRYSTAL GEYSER」

「富士山のバナジウム天然水」「evian」の6本と、
ボトルドウォーターの「酸素プラス」。

同時に、自宅(浅草在住)の水道水もチェックした。


◇半数から硝酸性窒素を検出

 結果は、右表(MyNewsJapan参照)のとおり。
亜硝酸性窒素はいずれもゼロだったが、

六甲のおいしい水」「Volvic」「evian」から、
硝酸性窒素が各2mg/L、検出された。自宅の水道水も、
同じく2mg/L含まれていた。


 国立環境研究所などによれば、硝酸性窒素とは、
肥料、家畜のふん尿や生活排水に含まれるアンモニウムが
酸化されたもの。

人が硝酸性窒素を多量に摂取すると、
体内に亜硝酸態窒素として吸収され、

血中でヘモグロビンと結合してメトヘモグロビンとなり、
これは酸素運搬能力がないため、

体内の酸素供給が不十分となり、酸欠状態となる。

また、硝酸性窒素は、
胃の中で発ガン性のN-ニトロソ化合物を生成する。

 日本の水道水では1978年に基準が設けられ、
現在の水質基準では、硝酸性窒素・亜硝酸性窒素の
合計値で10mg/L以下となっている。

2006年08月25日15時32分 MyNewsJapan


コンビニやスーパーで売っているような
市販のミネラルウォーターの成分中に

発ガン性のある有害物質が
入っているなんて、知りませんでした。

六甲のおいしい水」「Volvic」「evian」の中でとくに
ボルビック(ボルヴィック)、エビアンは、

女性に多く飲まれているようですから、
皆様、気をつけてくださいね。


以上、地域ニュースブロック紙でした。
  1. 2006/08/25(金) 18:15:49|
  2. 食品、食事、健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牛乳

牛乳:「有害」本が波紋 でもやっぱり「有益」は多数派

 「健康飲料」の代名詞的存在の牛乳を「有害」とする説が書籍やネット上で取り上げられ、波紋を広げている。
一方で「有益」とする考え方は、栄養学などの世界で今も多数派だ。
主な論点を知っておきたい。

●端緒

 端緒となったのは、昨年出版されてベストセラーになった「病気にならない生き方」(サンマーク出版)だ。
著者の新谷弘実氏は、米国在住の著名な胃腸内視鏡外科医。
長年の臨床経験から導き出した食生活の改善法をまとめた本だが、このうち牛乳に関する記述が特に注目された。
さらに今年、環境ホルモンの観点からの有害説も登場し、すそ野が広がった。

●骨粗しょう症

 牛乳に多く含まれるカルシウム。摂取源として牛乳有益なのか。
有益でないとする根拠の一つが、骨粗しょう症と牛乳との関係だ。

 日本人が1年間に飲む牛乳は1人平均約35リットル。デンマークやオランダなどは優に100リットルを超える。
チーズなど乳製品を含めると、その差は4倍前後にもなる。
しかし、高齢者の大腿骨頚部(だいたいこつけいぶ)(太ももの付け根)の骨折率は北欧諸国の方が日本より高い。
このため「牛乳は防止策にならない」との指摘がある。

 これに対し、近畿大医学部の伊木雅之教授(公衆衛生学)は
「平均的な骨の密度は北欧人の方が高く、体形の問題が大きい」とみる。
同教授によると、背骨の骨折率は日本人の方が高いが、大腿骨では逆転する。「西欧人の大腿骨頸部の骨は斜めに長く伸びているため、お尻が大きくて体重が重い西欧人は転倒などで骨折しやすい。
北欧人の牛乳摂取量が少なかったら、骨折はもっと増えるはずだ」と言う。

環境ホルモン

 子牛の成長を促す牛乳には、硫酸エストロンなどの女性ホルモンが含まれている。
佐藤章夫・山梨医科大名誉教授はこの視点から、今年6月の環境ホルモン学会で
「硫酸エストロンはビスフェノールAなどの環境ホルモン(内分泌かく乱物質)よりも強い」との説を発表し、注目された。

 同名誉教授は、雌ラットに発がん物質と同時に牛乳や水などを与えた実験結果から、
牛乳に乳腺腫瘍(しゅよう)を促進させる作用があったとして
「牛乳を大量に飲み続けると卵巣がんなどのリスクが高まる」との仮説を提起した。

 これに対し、山口大農学部の中尾敏彦教授(獣医学)は
「牛乳中のホルモンを摂取しても、女性の体内を流れているホルモンの量に比べれば微々たるもの」と影響に疑問を呈す。
一方、新潟大医学部の中村和利助教授(公衆衛生学)は
「牛乳とがんとの関係はまだ仮説の域を出ておらず、冷静な議論が必要だ」と話す。

●子牛のための栄養

 ネット上で取り上げられることが多い有害説の論拠の一つが「牛乳は子牛が飲むもの。
人が他のほ乳動物の乳を飲むのは不自然」との考え方だ。

 これについて岐阜大学応用生物科学部の金丸義敬教授(食品機能化学)は
「野菜や肉、魚なども人間のために存在しているわけでなく、牛乳も数ある食材の一つ。
必要な栄養素を牛乳から取ってもおかしくない」と話す。

 飼育法の問題を指摘する声もある。
いま、酪農家たちは大量の乳を出すスーパーカウ育成を目指しており、
酪農学園大大学院の中野益男教授(環境生化学)は
「飼育法が工業化され、牛の生理に合わなくなっている問題は確かにある」と言う。
「ただ、だからといって牛乳自体が有害というわけではなく、牛乳と飼育法の問題は分けて考えるべきだ」と話す。

毎日新聞 2006年8月18日 
  1. 2006/08/18(金) 14:29:26|
  2. 食品、食事、健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。