地域ニュースブロック紙

地域ニュースブロック紙、地域ニュースのブロック紙など、話題のニュースやおもしろいニュース記事を紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パリ・シンドローム パリ症候群

パリの現実に落胆、「パリ症候群」の日本人観光客

[パリ 22日 ロイター] パリを訪れる日本人観光客のうち、
年間約12名が思い描いていたパリとはかけ離れた

不親切な市民」、「汚れた道路」などを見て落胆し、
心理療法が必要な状況に陥るという。

ディマンシュ紙は精神科医の発表を引用、
「3分の1はすぐに回復し、3分の1は病状が再発します。

残りの人たちは精神性的疾患を患っているのが現状です」
と報じている。

パリ日本大使館の発表によると、今年に入ってからすでに
「パリに期待を裏切られた」4名が日本に送還されたという。

そのうち2人の女性は、宿泊先のホテルで盗聴被害にあったと
話しているそうだ。また他の2名については、一人は自分が

ルイ14世だと信じている男性、もう一人は電子レンジから何らかの攻撃を
受けていると主張する女性であることを大使館側は明らかにしている。

精神科医のエルベ・ベナム医師は
「精神的に弱い旅行者が、こういった状況に陥るのです。

想像していたパリと全く違う現実を見たとき、
ものすごいショックを受けてしまうのです」と説明している。

ディマンシュ紙はこういった状況を2004年に医師らが『Nervure』誌で
発表した「パリ・シンドローム(パリ症候群)」だと報じている。

日本の家族にフランス移住の手助けを行っているバーナードさん一家は語る。

「日本では『お客様は神様です』みたいな考え方がありますが、
パリの店のスタッフは客のことなどほとんど気に掛けません。

日本人にとっては、バスなどの公共交通機関を利用しているパリ市民
でさえ、とてもつめたい人に見えるのです。

市内で発生しているひったくり事件なども、
そういった悪いイメージを増幅する要因となっています」

ディマンシュ紙の取材で、日本人女性のアイミさんはこう答えた。

「私たちにとって、パリは夢の都なのです。
フランス人はみんな美しく、上品でエレガントだと思っているのです。

しかし実際にパリを訪れると全く違うことに気づくのです。
フランス人の性格は日本人と全く正反対であることを……」

ロイター2006年10月24日 13時04分



パリの男性は、かっこよくて優しくて、
清潔感があって香水をつけているという
イメージだそうですが、

実際は、ナンパを頻繁にしていて、
お風呂嫌いで何日も入らないので、

体臭や臭いがきつく
街では、盗難や強盗や誘拐が多いそうです。

イメージで旅行に行って、
全くその逆だと思い知らされて、
ショックを受けてしまうそうです。
  1. 2006/10/26(木) 10:39:58|
  2. おどろきニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国人のマナー

<ニューヨーク> 言葉より難解マナー

 観光客であふれるニューヨークで昨今、
目につくのは中国人の団体客。

私がふだん仕事場にする国連でも、
ロビーでは中国語が飛び交っている。

 だが、街で目にする彼らのマナーは、
米国人にはほとんど理解不能だ。

女性トイレを辛抱強く待つ長い列に割り込むのは、
ごく当たり前。

中には列を無視して堂々と中に入っていく人もいる。

 妻も先日、こんな経験をした。
混雑するフードコートで、白人の老紳士が丁重に

「テーブルは空きましたか」と尋ねてきたが、
横からさっとイスを陣取った中国人女性が

「私たちのものだから」と“宣言”。
白人はまゆをひそめ、あきらめた。

 この手の話は枚挙にいとまがない。

あるテーマパークの担当者は
「入館待ちの列でトイレを訴えた子どもに、

母親がその場でかばんから袋を取り出したんだぜ」
と両手を広げて話した。

その驚きの顔は、まるで未知との遭遇のようだった。
[中日新聞]


電車や飛行機、
遊園地や有名なテーマパークなどでも、

順番を守らないで割り込みをしたり、
マナーが無いようです。

列を割り込まれた人達は、
いったいどんな気持ちだったのでしょうか。

相手を思いやる気持ちは、とても大切なものです。


以上、地域ニュースブロック紙でした。
  1. 2006/09/04(月) 19:28:18|
  2. おどろきニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

おどろきニュース

停電ネズミが触れてショート 福島東北電力発電

22日午前2時20分ごろ、
福島県浪江町の東北電力高瀬川発電所からの送電が停止し、

同県田村市の一部など3841戸が停電
約2時間後に復旧した。

東北電力によると、高瀬川発電所内の送電機器の近くに
ネズミ1匹の焼けた死がいがあり、

ネズミが機器に触れてショートしたため
安全のため停電したものとみられる。
(毎日新聞) - 8月22日


停電の原因が
ネ、ネズミ!?

ネズミが電線を
かじっちゃったの!?

以上、地域ニュースブロック紙でした。
  1. 2006/08/22(火) 19:05:07|
  2. おどろきニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。