地域ニュースブロック紙

地域ニュースブロック紙、地域ニュースのブロック紙など、話題のニュースやおもしろいニュース記事を紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自殺JR福知山線脱線事故

「すべてを奪ったJRが憎い」恋人事故の女性が自殺

 15日午前5時ごろ、大阪市東淀川区のマンション駐車場で、住民の
無職荒川由起さん(32)が亡しているのを、母親(59)が見つけた。

荒川さんは昨年4月のJR福知山線脱線事故で亡くなった会社員
芦原直樹さん(当時33歳)と13年間、一緒に暮らしていた。

自宅から「私からすべてを奪ったJRが憎くて憎くてたまりません」
などと書かれた遺書が見つかり、

東淀川署は、飛び降り自殺と判断した。
脱線事故の被害者関係者の自殺が明らかになるのは、初めて。

調べでは、11階廊下にサンダルが置かれており、ここから飛び降りたらしい。
直前に「すぐに来て」という荒川さんの携帯メールが母親に届いていた。

 母親によると、荒川さんは、
このマンションで芦原さんと暮らし、結婚を約束していたという。

事故後は、芦原さんの最期の姿を知りたいと、
乗車位置を特定する活動を続け、現場に何度も足を運んでいた。

JR西日本から支払われていた生活費の仮払いは、
事故数か月後に打ち切られていた。(読売新聞) - 10月16日



JR福知山線脱線事故は、
当時、ニュースでよくとりあげられていました。

被害者や遺族の方に対して、
JRの事故後の対応が大変悪いという報道がされていました。

事故の当事者、親族や配偶者、恋人や友人などは、
まだ今も苦しめられています。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/16(月) 05:24:31|
  2. 社会、事件
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiikib.blog53.fc2.com/tb.php/35-629c6186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。